DSCN0466

職人としてお客様へ

・履物(草履・下駄)のメインテナンス
履物を長くきれいな状態で保つためのポイントは以下の3点です。
1. 掃除
履いた後、そのままにしておかないでタオル等を水で湿らせたもので埃・泥等の汚れを綺麗におとして下さい。
2. 乾燥
綺麗にクリーニングして頂いた後、日陰干し(風通しが良く、直射日光の当たらない場所)で1~2時間程、乾燥させて下さい。
3. 虫干し
乾燥を済ませたら、箱に入れて収納して下さい。
この状態で何年も放置される方が居られますが、1年に3~4回は箱の蓋を開けて風通しをし、いわゆる虫干しをして下さい。
仕舞いっ放しは、思った以上に品物が痛みますのでご注意下さい。

・和物を現代生活に取り入れるコツ
昔、着物は生活の一部でした。どういった着物を、どういった時に、どの
様に着るのかという事は一般常識として当時の人々は自ずと身に付けていました。
しかし現代では着物に関する知識は一般常識にはなっておりません。
従って第一にこの一般常識を先ず自分の物にする事が大切です。
その為には、以下の様な方法で学ばれてはどうでしょうか。
・着物に詳しい友人等に聞く
・専門店の人に聞く
・着物関連の雑誌等で調べる
・インターネットで検索する
第二に上記の基礎知識に基づいて実際にオーソドックスな方法で着物を着てみる。
第三に何度か着物を着て慣れてきたら自分なりのアレンジをしてみる。
この様にして私達日本人のアイデンティティでもある「和」を楽しまれたら如何でしょうか。